秋葉原駅前 防犯カメラ専門店 万世橋警察署防犯協会会員

秋葉原防犯カメラ専門店ケイヨー 秋葉原防犯カメラ専門店ケイヨー

秋葉原駅前 防犯カメラ専門店 万世橋警察署防犯協会会員

詳しくはこちら








施工実例に掲載されている金額は施工当時の金額となりますので、現在の価格とは異なりますので、詳しくはお問合せください。







ケイヨーカタス店

東京都千代田区外神田1-14-7 秋葉原野村ビル1階 [MAP]
☎ 03-5207-8388


ケイヨーSP店

東京都千代田区神田佐久間町1-8-4 ニュー千代田ビル4階 [MAP]
☎ 03-3254-9909

屋外カメラ施工上のご注意

防犯カメラ施工事例
屋外に防犯カメラを設置する場合、防滴(半屋外対応)、防雨(雨ざらし対応)、防水(水中対応)表記のある屋外設置対応の防犯カメラや、屋内防犯カメラを屋外設置対応にするカメラハウジングに収納して設置します。
基本的にどちらのシステムでもカメラやハウジングは耐水性があるので、それぞれの耐水レベルに合わせた設置場所を選択して設置しますが、ケーブルやケーブル接続部(コネクター)は耐水加工されてません。
特にケーブル接続部(コネクター)は金属でできているため、そのままの状態では錆が発生したり、 場合によってはコネクター部から水が浸入し、ケーブルを伝ってカメラ部内部に水が浸入する場合がございます。
こちらのケーブルは接続部をビニールテープで保護してましたが、設置後数年経過しビニールテープが劣化したため水が浸入し錆びてしまいました。

防犯カメラ施工事例
弊社が工事を請け負う場合、カメラケーブルと配線のコネクタ部は、軒下といえどもプルボックス内で接続します。
たとえ雨に直接あたらなくとも、万全を期せばカメラは長持ちします。入線口の防水処理や水抜き穴加工もします。
写真ではプルボックスと呼ばれるボックスを使用してます。
プルボックスにも種類がございますが、防水/防塵タイプのプルボックスもございますので、配線を施工業者に依頼される場合、このプルボックスの使用を確認されることをおススメいたします。
施工業者選択の際は、電気工事士の資格を取得しているかどうか等を確認されるのがよいでしょう。
もしご自身で設置される方も可能ならこのプルボックスの使用をおススメいたします。

防犯カメラ施工事例
ご自身で設置され、プルボックス設置までは難しい方へ

やむなくコネクタ部がボックスなしで露出する際ケーブルの巻が甘い場合も同じように水が浸入してしまいますので、必ず隙間が出来ないように引き延ばしながら巻きつけてください。(電源側接続部も同様)
また通常の絶縁ビニールテープより、確実に隙間なく巻きつけるには自己癒着テープの方がベターです。
ケーブル接続部を保護しているビニール(自己癒着)テープは1~2年に一度巻きなおすことをおススメいたします。
テープを五重にも六重にも根元まできつく巻きます。巻きが不完全ですと雨水がそこから浸透しカメラの寿命を短くします。
難しいと判断した場合は無理をせず工事店にご依頼ください。

防犯カメラ施工事例
ケーブルがブラケット内部を通って背面に出てきますカメラ(ケーブルスルータイプ)の場合、写真のノックアウト部(通線用の溝)を下向きに設置し、雨水の侵入を防ぎます。
設置後、ねじ穴部、ノックアウト部共にコーキング処理すると良いでしょう。

※このコンテンツを見て起きた施工管理上の事故の責任は負いかねます。


カメラ施工業者各位

いつも大変お世話になっております。
屋外カメラ設置の際は、以下の通りコネクタ部の防水処理を必ずお願い致します。

防犯カメラ施工事例
カメラ設置部付近にジョイントボックスを設け、その中でコネクター接続してください。

防犯カメラ施工事例
ジョイントボックスは、水抜き穴を開け、カメラ側ケーブル口はパテ埋めなど防水加工し、コネクターは接続後、絶縁テープを巻き絶縁処理をしてください。

防犯カメラ施工事例
ジョイントボックスは状況に適応するものをご使用ください。
配線は、金属管、VE管、PF管などで配管し、ケーブルを保護してください。

よろしくお願いいたします。

ケイヨーテクノ
ケイヨーテクノ

Copyright © 2015 Keiyo Techno Co.Ltd. All Rights Reserved.
>プライバシーポリシー